2008年1月13日 (日)

Hello , Goodbye

200801121742000

きのうは冷たい雨。
そんな日に引っ越しの作業に追われるなんて
近くない遠くないあの日を思い出した。
最後にベッドを運び終えたあと、ほこりと一緒に
がじの使っていたピックが一枚出てきた。そういう演出はとてもズルイ。
こないだ、もうしばらく泣かねーと宣言したのに
そうやって心をふるわせようとする。ちくしょうめったらないね
んああ、でも、ありがとう
わたしあの部屋を出るんですよ、出たんですよ。

うってかわって本日は晴天なり。
そしてとても寒い一日。
ひっこしの業者さんが来て、さすがプロの仕事だわあと
感心することしきり。思わずお礼をはずんでしまった。
新居に着いて、これはどういう家でどういうコミューンなんですかと
怪訝に聞かれた。そりゃそうだろうってにな!

10年貼っていたポスターをはがした。
たくさんの本とCDを処分した。
それでもまだまだ発掘されるのがすごいと思う。
里親になってくれた人、なってくれる人、あーりがとうー。

新生活、着いたその日にリビングスペースで歓迎会。
シャンパン、ビール、あんこう鍋、たら鍋、手作りケーキ、などなど
なんだかたくさんの人たちと喋りながら過ごした。
知り合いの知り合いがいてびっくり。世の中狭すぎやしないか…

うまくやっていけるかな。どうかな。
とりあえずネット開通。テレビはまだつなげない。
片付けをよそに、明日は健康ランドでほぐされてくるのだ。な!

酔っぱらった。
ウコンの力飲んでおいてよかた。

| | コメント (4)

2008年1月12日 (土)

Never Can Say Goodbye

200801120058000

食器棚の後ろですくすく育っていたタマネギ。
午前3時の掃除はつづく。

| | コメント (0)

2008年1月10日 (木)

とぎすまそう

200801110215000_2

IKEAじゃないよ。

本の類だけで段ボールが10箱積まれている。壁みたい。
ハードカバーと雑誌の重量をあまく見ていた…。
もう雑誌買わね。でも今出てるSPA!は欲しいな。
孤独のグルメの新作読み切りが掲載されているらしいのだ。

新居に行ってからも古本裁判は続きそうなんである。
その前にちゃんと引っ越せるのか不安になってきたんである。

だれか引越しのお手伝いに来ませんか。
お礼は大量に出てきた虫食い穴だらけのどんぐりでいいですか。

 盛り上がりたいからと言って
 てきとうなことを言っちゃダメさ
 君を救えるのは 君だけ 君だけ

ランタンパレード。ふいに脳に直接ひびきます。
このお方、以前に「敵は自分だけでじゅうぶん」とも歌ってらしたのです。

| | コメント (2)

2008年1月 7日 (月)

Place Yourself

200710030140000

来週の今頃にはこの部屋には誰もいない。日曜日に引っ越しをするのだ。まったくの他人とのシェアリング生活は生まれてはじめて。わたしは自分が思っているよりも空気を読むのがずいぶん下手くそみたいなので(最近とにかくふつふつ感じる)きっと慣れるまでが大変だなあ。へんなやつだと思われたくないけど、思われていたほうが楽なのか?あー、どんな生活になるんだろう。おともだちのみなさん、ぜひぜひ冷やかしにでも遊びにでも来て下さい。ほんとにね…来て下さい…(ハマーさん並みの必死さで)わたしの部屋はみなさんが集うのであろう共有リビングのすぐ横なので、悪巧みはなかなかできない仕組みになっております。キヘヘヘ

18歳で上京してからまず調布で兄と2年、新丸子でほぼ一人暮らし1年、そんで杉並で4年間を弟と同居、そのあと4年、同じ街の別の部屋で一人暮らしで今に至る。この部屋を決めたときは、雪がちらちら降っている冬の寒い日だったなあと思い出す。天井の高さがはんぱじゃなく、一番高いところではたぶん5mくらいある。見たこともないヘンな間取りで見た瞬間に気に入ってしまった。うちにきた人はみんな「天井高いね」と言う。ただそれだけなんだけど。いつかこの街のこと、この部屋のこと、どんなふうに思い出すのかなあ。

| | コメント (2)

2007年12月17日 (月)

青山あたり

200712161430000

汚い靴でお目汚し失礼致します。日曜日の朝は靴裁判。背にキュアーを聴きつつどのゴミの日に出せば良いんだっけかと首をかしげながら(杉並区は不燃ごみ扱いでした)有罪グループと無罪グループに分けていく。何代目ですかという生成りのオールスター、ほつれたかかとのウェッジソール、底がすれバックルが壊れてしまったビルケンのボストン。数えてみたらぜんぶで20足を処分することに。履きつぶしているのになぜか今まで捨てることができなかった。ああ、だってどれも思い出がいっぱい。いろんなところにペタペタとあしあとをつけてきた。そして最後に玄関(せまい)に並べてみてどれもわたしの靴だーと思った。同じデザインのものを履いていても靴ってなんでか人と別のかたちになっていく気がする。とくにスニーカー。単純にそのひとの足のかたちによるからか。甲の低いひとは靴をかっこよく履くよな。キュアーのベストが一巡して、シャッフルに切り替えたらブラックサバスとイギーポップとバウハウスが出てきてなんかすごいなと思った。ザッツ・カオス。バウハウスがやってるジギー・スターダストのカバーがめちゃくちゃかっこよくて何度もリピート。あ、ジギーとイギーでつながったのかな?iTunesのシャッフル機能にはときどきドキリとさせられる。

てきとうに片付けたあとはアルゼンチン東京@青山CAYのために家を出る。岡本太郎記念館経由にて会場へ。記念館、時間が足りなそうで中には入らなかった。あとでまたゆっくり行こう。おいしいおいしいピースオブケイクのケーキも食べたいし。待ち合わせの時間前にCAYの前を通ったらなんか長蛇の列になっててびびる。みんな椅子目当てか。スパイラルの中をうろうろしているとまもなく登場した友人TKZW氏。ニューウェーブなヘアスタイルになっていておもs…かっこよかった。焼きりんごのカスタードクリームのせとかシャリシャリ食べながら鑑賞。カブサッキさんと山本さん勝井さん芳垣さんのステージがとってもよかった!こないだのGalacticのライブは外に飛び出したくなるような楽しさだったけれど、きのうは内にガンガン向かってくる感じ。ひとりで内省的になる。こういう表現は暗いけどなんていうか、想像力をかきたてられるライブだったということだ。もらったフライヤーのなかに行きたいライブインフォがもりもり。クリスマスのピットイン、今年はカヒミ・カリィも出るのね。去年のイブはもっさりしてたよねーと思い出して笑った。男気あふれる定食やさんでカキフライを食べて真剣20代ギリギリしゃべり場を催しながら終電で帰路についた。

多分わたしの考えるところのやさしさとつよさは大雑把に言えば同義だと思った夜。みんな知ってる当たり前のことをいちいち指差しして納得する。自分じゃない他人と関わることで教えてもらえる。やさしくてつよい人。サウイフモノニワタシハナリタイ。

| | コメント (2)

2007年12月14日 (金)

ゴミを捨てる

200712142250000

今まで捨てられなかったのはなんでだろう?何年も前に試供でもらったシャンプー、昔集めていたイベントのフライヤー、毎週録画したビバヒルのビデオ、毛玉だらけの毛糸のくつした、底がペラペラになってしまったスニーカー、おみやげでもらった外国のポルノ雑誌、ゲーセンでとったムーミンのぬいぐるみ、カチカチになったマニキュア、柔軟剤の空き容器……。ようやくゴミ袋に分別。ペラペラのスニーカーだけじゃなくて、処分すべき靴もたくさんあるんだな………。そうだ、あと食器も厳選して淘汰させなくてはならない。

この週末で洋服とCDをどうにかしてやる。キリをつけてから、あったかくしてアルゼンチン東京に行くこととする。来週はものすごく久しぶりにbonobosのライブに行くのだ。きっと街はクリスマスでアホみたいにステキに浮かれているんだろうなあ。

| | コメント (5)

2007年12月11日 (火)

第二回 マンガ裁判

Mangasaiban2

雑誌って思いのほか手放せないわよねということに気付いた火曜日の夜。わたしは日常的に雑誌を買わない。買うときにはとても好きなひとが載っているとか、厳選して購入に至っていた。んー、だからか。だから捨てられないのか。どうせ売りに行ってもタダ同然もしくはタダなんだから、そばに置いてあげてても良いじゃないって。むかし懐かしマガジンハウス社「MUTTS」とか出てきたよ。すごい情報量。わたし向け。10年前の情報だけれどもそりゃ片付け中断してしばし読みふけりますよ。そんな感じでやっぱり雑誌の選り分けには手をつけられず。

今回の裁判にて有罪確定マンガは下記にしぼられた。でも今回はわりとさくっと決断できたなあ。はてさて次はどんなひとに読んでもらえるんでしょう。

古谷実 わにとかげぎすとか
久住昌之 エッセイとか
泉昌之 キッチョメン石神井先生とか
QBB ヨーチAとか
二ノ宮知子 平成よっぱらい白書
ドラえもん+ 何冊か
魚喃キリコ 何冊か
土田世紀 俺のマイボールとか夜回り先生とか
コンビニ廉価本 藤子不二雄関連何冊か
筒井漫画涜本
唐沢なをき 漫画家超残酷物語
岡田史子 短編集2冊
はみだしっ子 全巻
金魚屋古書店 何冊か
みうらじゅん 何冊か
リリーフランキー 何冊か
乙一 ハードカバー本全部
東野圭吾 何冊か

自分の部屋には、まんが道とジョジョとめぞん一刻と高野文子と山田芳裕があれば充分かもしれないと思っていた。今もそう思う。わたしに必要な愛と夢と勇気とユーモアはそれでじゅうぶんに学べると思うから。それでもやっぱり長尾先生のおしゃれ手帖は大人の嗜みとして手放したくないし、ドカベンは1年に1回は読み返して明訓高校の試合を本気で応援して青春している。水木先生の本なんか手放すひとの気が知れないし、編集王はマンガ好きになったきっかけの作品だし、銀河鉄道999はバイト代ではじめて大人買いしたものだし、そうだ、諸星大二郎先生だって……とああああぁあっつ。いっそ、この思い入れというフィルターは外してしまおうか。そうでないとやっぱり片付かない!このニッチというかブックオフだったら100円コーナーに即刻運ばれそうなラインナップにてコレ読みたいっすというお方がいらっしゃったらクリスマスが近いのでリボンをかけてプレゼントします。赤がいいかなグリーンがいいかな。

| | コメント (10)

2007年12月 8日 (土)

第一回 マンガ裁判

Mangasaiban1

「引っ越し」というカテゴリを作ろうかどうしようか。来月というか、来年早々に今の部屋から出ることを決めた。田舎者のオレあこがれのSTGY区民になる。そしてなぜか一軒家の住人になる。柿の木の似合うリアルにALWAYS三丁目の夕日な二世帯住宅に6人のHOMEMADE家族。それに至る経緯はなんつーかかんつーかいろいろな糸をひっぱってみたらそういうことに。とにかく新しい生活にとびこんでみるのだ。エイヤーの世界なのだ。

というわけでここから一ヶ月のわたしは、モノを減らすことに集中した毎日を送らなくてはならない。今のところに住んで早4年。部屋が広いのをいいことに、だいぶモノを運んで詰め込んできた。今度の部屋は8畳でまぁ広いのだがいかんせん収納がない。廊下を好きに使ってくれて良いと言われたが、それにも限度がある。保管するのに面積を必要とする洋服、本、CD、主にこの3つの量を減らせば良い。今日は熱が高くなってしまって楽しみにしていたダフトパンクのライブに行けなかった。ピコピコした音とかジャカジャカした音を聴きながら時に頭痛に眉間にしわを寄せつつも大人しく、第一回マンガ裁判(手放すマンガを選ぶこと。レコスケくんのレコード裁判に由来。)を開くことにした。

俗に1年とか2年着てなかった服ってもう着ないってことだよね、とかなんとか言うけれど、本やCDにその説は当てはまらないような気がする。洋服は着ていればボロくなるけれど、本や音楽は時代を超えても色あせないから…(目配せ)。久しぶりにロフトという名の納戸に上がって1年とか2年読んでない本が詰まってる棚に手を伸ばした。心を鬼にして、さらに「漫画なんて読みたくなったら漫喫で読めるじゃない!」「また買えば良いじゃない!」と言い聞かせて、苦渋の決断。どんだけ長いあいだ読んでなくても「BANANA FISH」(吉田秋生)と「バケツでゴハン」(玖保キリコ)と「天然コケッコー」(くらもちふさこ)は有罪(ブックオフ行き)段ボールに放ることはできなかった…。年代を感じるチョイス。

今回残念ながら見知らぬ誰かの元でかわいがってもらうことになった本たちは、

古谷実 いろいろ
松本大洋 いろいろ
野中英次 いろいろ
20世紀少年 全巻
MONSTER 全巻
玖保キリコ 短編いろいろ
土田世紀 短編いろいろ
恐怖新聞 全巻
ブラックジャック文庫版 全巻
藤子不二雄Aランド本 いろいろ
藤子・F・不二雄本 ちょっと
ピューと吹くジャガー 何冊か
団地ともお 何冊か
ポケモンとかディノクライシスとかFFの攻略本
VOW 何冊か

わたしってそんなに浦沢直樹先生好きだったんだ?と選んでみてびっくり。現行の連載で全巻集めちゃうなんて他にそんなにないもんなあ。マスターキートンはけっこう読み返す率が高い本コーナーの棚におさまっているので、そちらの裁判で手放すことになると思う。松本大洋もナンバーファイブ以前はたぶん全部持ってるけど、ピンポン以外読み返さないので、そしてピンポンは実家にもあるので、どなたかの元でまた感動を。ジャガーさんもともおも弟が全巻集めてるからいいやと思った。兄も弟もわたしも買ってるともお。一家に団地ともおが3冊ってステキだなって手前味噌ながら思った。

これだけの裁判で4時間くらいかかるって牛歩もいいとこだ。先が思いやられる。マシーンになってばっさばっさ斬っていかないと間に合わないかもしれない。

今夜は里子に出す子たちの中から何冊か読みながら眠りにつこうと思う。てゆーかVOWって何年前のやつだろう。清水みっちゃんの顔マネ塾とかえらいページ数で載ってて笑うなあ。

| | コメント (8)