2010年6月10日 (木)

near by

風邪から気管支をやられてしまった。
熱と咳で体力半減。
なんだかホントここんとこ、体調を崩してばかり。
仕事も休ませて頂いていて、申し訳なさすぎる……。
治ったら、ランニングするなり食生活考えるなり仕事セーブするなり、
生活スタイルを早急に見直さなければ。
あとわたくし、前厄ということなので厄払いに行った方が良いのかしら?

今日はやっと熱が下がり、外も晴れているので
完全防備で近所を少しだけ散歩。
濃い緑に程よいアクセントの道端の花々が、気持ちを少しだけほぐしてくれた。

005C598C-C61A-406D-A13A-86E36500D67F

B940985F-FCD1-45B1-A061-B8F6BD09754A

BDA865B1-D1EC-476E-B807-AB137B2BC8CF

B3729EAF-F21E-45BD-89C9-14B192C29EC2

BB1987B4-6734-4D1E-A32F-53876EBAA4BA

5D2AB196-905A-41AD-BFD6-211364628050

C468607D-6CDD-4B9B-8467-7C60768BF8C6

7AA3BE5F-D78F-4034-9859-772A12B96EE6

89F6D655-089E-4C60-AFA9-81EFEC0CF1A0

D181126B-8DC7-4406-9169-00B5885A85F2

12697152-F093-4F1A-BAA2-698B1B2E1F65

1D44C940-FE09-4802-936F-F11683035813

EB53F102-4B7D-4D70-8F22-903FC718A6BC

3BDAE07F-277C-4E30-A3BE-43F4B5B0E1B7

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

心と身体

心が病めば、身体の調子が悪くなる。
その逆はもちろん、然りだ。

三十を超えて心も身体も定期的なメンテナンス、
いや、継続的なメンテナンスが必要であると感じることが多い。
言い訳にもなろうが、今はほんとに時間がない…。
五時間近くにもなる日がある往復通勤時間に残業、
朝も早いので土日になると目一杯寝る。
絶対に起床時間の六時には一度起きてしまうのな。人間の体内時計すごい!

ごはんはなるべく自宅で何かしら作って食べたいし、
洗濯するだけで精一杯になってしまうという流れて行くだけの日々。
部屋はめっちゃくちゃに汚いし、人間関係もうまくいってないことがある。

すべてが忙しいせいだ!
なーんて言うのは日々寝ずに忙しくしている人たちに申し訳ない気持ちもあるが、
ひと月くらいのんびり家事したり明日を気にしない旅行をしたりしたい。
わたし、旅行なんてまったく行かなくなってしまったなあ。
視点を変えれば、毎日を生きることは旅のようなものだよと雲の上にいるみたいに考えることもむつかしい。
ま、通勤時間を考えれば毎日旅してるようなものかしら?

というわけで、また風邪気味っぽい。
鼻をかむときには中耳炎にならないように気をつけましょう。

E32412CD-4C55-4C88-8AB0-57586D8B4D1E
冷やし中華、はじめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

We are the sleepyheads

休日、となりのまちにノコノコと這い出して遅いお昼ご飯を食べた。
由比ケ浜のクアアイナは、すでに夏だった。
焼けた肌にTシャツ、ビーチサンダルで大きなハンバーガーを頬張る
となりのお客さんを、わたしもあんぐりと大きな口を開けて眺める。

Kamakuranekon

路地裏にて。頭と尻尾の黒いいきもの。

| | コメント (0)

2010年5月 5日 (水)

ゴールデンウィークに足りなかったもの

それは、体力。

先月の風邪を引きずっていたのか、どこからか春の風と一緒に
悪い菌までをも運んでくれたのか、ガクンと体調を崩してしまった。
今朝は咳の発作で何度も起き、または左耳の痛みで起床し、
休日診療をやっている隣町の総合病院へ駆け込んだ。(診断は、中耳炎!)

身体は資本だぞと頭に叩き込むまでもなく、あまり謳歌することができずに
なんとなくだらだらとゴールデンウィークが過ぎてしまった。トホホ

連休前半は実家に帰り、すこし早い母の日でお花をお土産に。
8ヶ月になる姪っ子ちゃんに、こどもの日でうすいグリーンのRodyをプレゼントし。
10年来の友人に会ってサイゼリアでだらだらとおしゃべりし。
体調がおかしいぞとこちらに戻ってくるのを一日延期し静養して。
そして中耳炎の今に至る……。

Hahanohihana_2

先日、何年ぶりに新しいデジタルカメラを買った。
CanonのG11という機種。新宿のヤマダ電機オープン初日に
…その近くのヨドバシカメラで購入。ずいぶんお安くしてくれたのでした。
バス旅行のおじいちゃんが首からかけているような、無骨な表情の
風貌にも一目惚れだった。いろいろと勉強しながら、可愛がっていこう。

ずっとこちらのブログ更新をさぼっており、140文字の世界にどっぷりだったので
長い文章を書く練習をするべくまたちょこちょこ更新していこうと思う。

| | コメント (0)

2008年12月16日 (火)

極月を歩む

なんとなく気まぐれに日々レコード。
師も走るという12月も半ばになり、気もそぞろである。


::: 081201_mon.

Y子さんの同僚が週3で通うという東中野の韓国料理やさんへ行く。
東中野なんて10年ぶり以上に降り立った地のような気がする。
のんべえ横丁みたいな路地で「野宿」という名のスナックがあった。
すぐそこは新宿副都心のビルがキラキラしてるのに、
昭和のかほりが残った良い町だと思った。
肝心の韓国料理やさんはさすがY子さんの同僚が週3で通うだけの
ことがあるお店だった。アットホームでリーズナブル且つウマい。
ほくほくジャガイモのカムジャタン、お鍋の〆はタマゴとネギと
ごま油で炒飯風にしてくれた。ごまの葉のチヂミもうまー。
H子ちゃんがオーストラリアで挙げてきた結婚式の写真を見せてもらって
想像以上のかわいらしさにうっとりした。白いドレスが似合うって良いなー。

帰りは東京駅へ向かうはずが電車を乗り間違えてしまい(ハハハ)
雨にも降られて泣きべそで行ったり来たり。
メモ:総武線の各駅は東京駅へは行かない。中央線です。

Nojuku
中にシュラフやテントでもあるのでしょうか?


::: 081202_tue.

風邪。のど、鼻水、発熱のコンボでダウン。
冷蔵庫でひからびそうになっていたトマトやらタマゴやら
ニンニクなどでスープをつくって食べた。


::: 081203_wed.

ひきつづき風邪。仕事おちついてるよってに休暇をいただく。
昼寝後に体調が良くなり、今やらなくてもいいだろうと思われた
セーターの手洗いなどを済ます。
過剰に厚着して近所の八百屋とお肉屋さんへ。
立派な三浦ダイコンを購入、豚バラと煮るなどした。
staubのお鍋がやっぱり大活躍だなー。
大きいかもと思っていた24cmで大正解だったや。

フジテレビ夕方枠のドラマ再放送で「やまとなでしこ」第一話。
一度たりとも観たことがなかったがけっこう面白そうだと思った。
前の晩にTちゃんと「堤真一と稲垣潤一って似てるね」と
話していたのを思い出し地味にタイムリーな感じ。
わたしのドラムを叩きながら歌う稲垣潤一のモノマネは無理があった。


::: 081204_thu.

病み上がりで出社。Sちゃんと会う予定でいたのだが、
そんなこんなでキャンセル。しかし突然の「Friendly Firesの
ライブチケットが当たったんだけど行かない?」というY子さんの
お誘いに葛藤の挙げ句乗ってしまうことに。
今年のサマソニでいちばんヤバかったという話を聞いていたので
行こうか行かまいか迷っていたのだ。グッドタイミング。
ボーカルのエド・マック氏はのっけから腰をギュンギュン振りまくりで
江頭2:50 meets ブレッド・アンダーソンて感じだった。
風邪も忘れるほど笑って楽しいライブでよかった。
あつあつラーメンを食べて早めに帰宅。

この冬にクリマンさんが呼ぶアーティスト、行きたいのが目白押し!
デヴィット・バーンにホセ・ゴンザレス、オブモントリオールは
行きたいのよねのね。オブモンは行くの確定ですけれど。


::: 081205_fri.

仕事帰りに大船にておかいもの。
成城石井のチーズおかきと枝付きレーズンとオリーブ漬けと
加賀棒茶をおみやげに。いやあ、ぜんぶわたしの好物じゃん…。

Tちゃんが王将のぎょうざ倶楽部プレミアム会員になった。

Kerochang_3 
コスプレケロちゃん。かーいい。


::: 081206_sat.

Mさん邸クリスマスパーティーのため、電車乗り継いで世田谷某所へ。
トマトのカプレーゼ、生ハムなどの前菜にはじまって
焼きシメサバの燻製、揚げあぶらあげ(油揚げをさらに揚げてサクサクに~)
のサラダ、スモークサーモンとじゃがいもとチーズのオーブン焼き、
京いもと京にんじんと鶏団子の炊いたん、イワシの梅煮、
くさや干物(!)の辛子マヨネーズ和え、大根葉のおにぎり、
などなどをごちそうに。食事だけではない、おもてなしがすばらしい。
ロイスダールのケーキとミエルの焼きドーナツをおやつにペロリ。
犬とたわむれマッサージチェアに横たわり、夜遅くまでくつろがせて
いただいた。ありがとうございました。ヒューガルデンうまい。

帰ってきて実家から送ってもらった救援物資の荷を解く。
常備野菜やらお米やら手作り味噌やらとてもうれしい。
そしてフジロックのDVDをやっと観た。
身体でおぼえてるphishライブのあの空気を思い出して
全身鳥肌がたったった。気づいたら朝の5時半。
いつかまたキヨシロのフジロックベイベー!が聴きたいとセツに思う。


::: 081207_sun.

早く起きて横須賀の浜辺にある、かねよ食堂に行くはずが
はからずとも確信犯的に寝過ごして昼過ぎに起床。
curly giraffeのアコースティック一人ライブを見逃すことに。
予定変更にて夕陽が落ちないうちに海のほうへとテクテク散歩した。
浜についた頃にはちょうど見事なマジック・アワー。
空は青とオレンジと白が混ざって波と砂の音が耳に届いたのなら
ひととき寒さも忘れて目を細めた。海良いぜー。
ちっこい灯台がピカピカ点滅していてクリスマスツリーみたいだった。

大福とコーヒーを買って藤沢に移動。
気になっていたKOKという雑貨やさんなどを覗いた。
スパイラルマーケットとroundaboutの品揃えの感じにもうちょっと
ガーリーテイストを混ぜたような感じ。かわいくてすてきなお店。
テンベアの帆布トートやらfogのリネンのものなんかも置いてある。麻のエプロンほしい。
いつもの牛たん屋さんで夜ごはん。牛レバ刺しに豆乳漬けおぼろ豆腐に
煎り銀杏にテール雑炊、牛たんたたきなどなどをがっつりと。
この日、我が家にオーブントースターがやってきた。

Kaihama_2 Zushikaiganyuuhi
貝がらの浜辺。
ふみ心地がよくて足跡をたくさんつける。
海のむこうに沈む夕陽を日常的にながめることのできる
この環境は、わたしにとって非日常的なんである。


::: 081208_mon.

会社終わりに恵比寿へ定時ダッシュ。
bonobosのワンマンツアーファイナルなんであった。
電車に酔ってしまったYを待つのに有燐堂をふらりふらりと。
クリスマスのギフトやカードをえらぶ女子の多さに圧倒された。
来年の手帳はなににしようかなと懸案中。
2008年はモレスキンのソフトカバーを使い切った。
右にスケジュール、左にメモ。そんで手のひらサイズ。軽いしねえ。
この見開き1週間がわたしには使いやすいのかもしれないけど
土日のマスが小さいのと日本の祝日を自ら書き込んどかないと
ダメってのがちょっとだけアレだった。うーん、どうしよう。

あれこれ迷っているうちにYが到着しリキッドルームへ向かう。
Thank you SOLD OUT!ですってよ。すごいのなあ。
アルコホル抜きで通路後ろあたりでまったり鑑賞した。
わたしはもしかしたらbonobosのライブを見飽きてしまったのか?
アンコールのボブ・ディラン、Like a rolling stoneのカバーを聴いて
ちょっと救われたけど(すごく良かったー!)ぼんやり他のことを
考えている時間が多かった。しごとの電話もかかってきて
集中できなかったってのもあるのかな。げ、げつようびだったしな。
それにしてもサイくんの声がすごく好きだなあと、毎回思う。

P-VINE移籍&自主レーベル立ち上げってことでインディーに
逆戻りしたのだね。きっとまた来年観にいくから期待してっぜよ。
あと、なっちゃんかわいい。

大戸屋でオトナの会話をしながら軽くおしょくじ。
7ヶ月遅れの誕生日プレゼントを渡してゲラゲラ笑ったよ。

Asunoshinwa
渋谷駅に移設されてきた「明日の神話」。
永住の地が決まったときに、渋谷駅かよ…とガクゼンとしたけれど
老若男女が足をとめて見入る姿も含めて不自然じゃなかった。
圧倒的なパワーを持つ街の守り神のような印象。
またふらりと観にいくよ。


::: 081209__tue.

久しぶりの雨。冬の雨は冷たくて寒いんだなとふつうに思う。
今日は帰ってのんびりごはん支度と思いきや急きょ鎌倉にて用事。
これからお世話になるお方にたいへんたいへん失礼なことを
申し上げてしまい穴があったら入りたい!
もしくはディアボロのキング・クリムゾンでその時間を消し去ってもらいたい気分に。

BLIP.fmがおもしろい。
ユーザーさんがいたらおともだちになってくださーい。


::: 081210_wed.

雨上がりは空の青いのがきれいである。
この雨で職場近くのイチョウはほぼ落ちて黄色のじゅうたん。
イチョウの葉っぱはカタチもイロもなんだかユーモアがあって良い。
大船で下車してこの日も大戸屋で夜ごはんを。
チゲ鍋をいただいて、お家でまだ鍋やってないなーと思い出す。

Kouyousiteru
近所にある駐車場の壁に彩られた秋。
ツタの一種だと思うのだけども、
ちいさなハートのかたちの葉っぱがかわいい。
どんどん色づいて燃えるような赤になった。


::: 081211_thu.

昼間はゆうゆう仕事をしてるのに夕方になって
急にいそがしくなったりする、そういう典型の一日だった。
この日は別として年末なのに例年にくらべて仕事量が
明らかに少ない。来年度は全社員減給のうわさなどもあって、
財布の中身と今後の展望について見直し時期と来てるかもしれない、
なんてぼーっと思う。良い職場環境ではあるんだけれども。

夜は実家から送ってもらったヒレカツでカツ煮丼をこしらえた。
親子鍋がほしい。このページ見てたら色々欲しくなって困った!


::: 081212_fri.

職場の忘年会。いつも会場は和食系の居酒屋が多いけれど、
ちょっと趣向を変えて駅前のイタリアンにて催す。
女8、男1、というグループでわいのわいの。
でもやっぱり会社の飲み会っていつまでたっても苦手だ。
行ってみれば楽しかったりするものだし潤滑油的に大切なものだと
分かっているのだけれども、苦手なものは苦手だ。

お酒を飲んで少し気持ち悪くなっていたので、始発でかくじつに座って
帰れる、いつもとはちがうコースを選択したのがこの日一番の失敗だった。
始発の電車に乗り込むや否や、あたまのおかしいとしか思えない
外国人の老人に杖で足を小突かれる。離婚、自殺、戦争、政治、貧困格差、
人種差別、などもろもろの説教を訊かされながらの帰路。
なにを言ってるかわからないときに聞き返してみれば
「ひとの話を聞け!」「黙れ!」と大声で怒鳴り、質問されて考えあぐねていると
「遅い!」と言われる始末。わたしへの説教が終わり、
しまいにその老人ときたら満員電車内ではみがきをはじめ、
ブラシでの頭皮マッサージまではじめたのだった…。
ワッツジョブ?と訊いても「ココロヲミテクダサーイ」とかなんとか言ってて
お話にならなかった。ナショナリティーは気にするなと言いつつ、
「わたしは日本人は信用しておらず、韓国人を信用しています」と言っていた。

杖で小突かれたりしたときは本当にこわくてどうしようかと思ったが、
なんとか和やかなムードに持って行きたかったのか(自分でもよくわからないけど)
自分を小突いた杖を褒めてみようと「ディスイズナイススティック」と言ってみた。
ナイススティック、よく食べてました。

ホームレスと戯れている写真を見せられて、彼は牧師の格好や
サンタクロースの格好をしていたのだがいったい何者だったんだろうと思う。
この一連を言葉にして話してみたらだんだん怒りがこみあげてきた。
こんど会ったらどうしてやろう!(ナイススティックとは言わないようにしよう!)


::: 081213_sat.

平日の睡眠不足を補うかのようにゆっくり眠っておそい起床。
ちょっとしたラーメン博物館ができるんじゃないかと思われるほど
中華屋さんの多い大船にて目星をつけていた家系ラーメン屋に入った。
梅ケ丘駅前のせい家を思い出すようなこってり具合で満足。
ラーメン屋といえば、職場近くのここに行ってみたい。

スターバックスでふいに流れてきたルーファスくんのハレルヤを聴いて
素直にならなくてはと、はっとさせられたりした。

"Hallelujah" by Rufus Wainwright (Irish performance)

もろもろ所用を終わらせて夜もかなり良い時間に。
おなかがすいてセブンイレブンの「おにぎり100円!」の文字に
引き寄せられるがまま、おにぎりやらおでんを買って車の中でむさぼる。
この感じ久しぶりだよなあーとなつかしくなりニヨニヨした。


::: 081214_sun.

すごくさむい。三寒四温とはよく言ったものだ。
春かと思うほどあたたかな日が続いて油断していた。
窓の結露もすごいことになっているので緊急に対策が必要である。
真冬の装いで、葉山にある日影茶屋のおもちつきイベントへ繰り出す。
すべりこみセーフでおもちをゲット。
きなこ、あんこ、からみのつきたてもち3種と、
屋台で目をつけたきざみうどんを購入。
よく手入れされたステキな中庭から離れの座敷に腰を下ろすことができ、
ハフハフとすする。身体があたたまっていい感じ。
食欲に火がついたわたしたちはそこで、焼きそば、お好み焼き、
焼き鳥、おでん、甘酒などもつぎつぎと購入。アホすぎる。
お土産にかつを飯と和歌山のおしょうゆと、赤べこならぬ黒べこの置物を。
黒べこは「赤字ではなく黒字に!」という験担ぎの意ということらしい。
牛ってなんか好きだ。存在もカタチも安定感があってイチモクおいている。
腹が割れるほど食べて、葉山湾のヨットハーバーを冷やかしに行く。
リアルに裕次郎みたいな人がいて(スーツ・サングラス+美女付き)笑った。

買い物しつつ家に戻って昼寝。布団ってさいこうだ…。
お土産で買ってきたかつを飯とカレーをこしらえて遅い夕飯にした。

--

(フジロックのレポが思いっきりとちゅうになっていることを
今さらながらに思い出した。とたんに、フタをした…!)

| | コメント (4)

2008年10月29日 (水)

9月には帰らない

インターネット開通したけれど接続しておらず。
文明の利器、携帯電話にてプキプキ近況を箇条書き。

・引っ越して2週間ばかり。未だに段ボールハウスである。
・カセットコンロで料理をする日々。カセットコンロス。
・staubの鍋はびっくりするほど火の通りが早い。…焦がし気味。
・12/17にフレイミングリップスの新作発売!「CHRISTMAS ON MARS」!
・50cmもあるロールケーキが届いた。現在は冷凍室に鎮座している。
・シェアハウスの引越しもあった。開かずの扉の向こうを見た…!(ボイラー室だった。)
・風邪が長引きかれこれ3週間。なかなか咳と鼻水がひっこまない。
山下達郎ツアー(6年ぶりだそう!)のチケット、プレリザーブ申し込み中。
・11/5はO-nestにラルトラ観に行く。うつむきながら聴きたい。
・やまだないとのまんが道801本(BEATITUDE)1巻買わなきゃ。
・大島弓子先生の「グーグーだって猫である」文庫版買った。大大大好きだ。んるる。
・「綿の国星」を友人に借りパクされているのを思い出した…!
・ミシェル・ゴンドリー×JB「僕らのミライへ逆回転」観に行かなくちゃ。変な邦題。
・「TOKYO!」「トウキョウソナタ」「おろち」も観たい。
・OASIS、あらかじめ決められた恋人たちの新譜が欲しい。
・無印良品でばかり洋服を買う自分に危機感をおぼえてきた。
・通勤往復4時間にもだんだん慣れてきた。これはリゾート通勤と思い込む毎日。
・駅出たら海の匂いがするなーと思ったら魚屋さんのスメルだった。
・浦沢直樹のBILLY BAT、面白くなりそうでワクワク。西遊妖猿伝の再開もすばらし!
・今朝、ミニチュア・シュナウザーがトレンチコート着て歩いているのを見た。秋ですね。

近況っていうかTO DOリストみたいになってしもうた。
早く片付けて近場をうらうら散歩したい、というのが目下の目標だっつー。

| | コメント (0)

2008年9月17日 (水)

I Think You Know

20080916

古民家シェア生活も残り1ヶ月ちょっとなんである。コトの経緯はあまりにも突然で、簡単に言えばこちらのハウスシェアをはじめたリーダーの方の(オトナの)都合。そうと決まったらそれを知っていたかのようにわたしの部屋で雨漏り!今日びのゲリラ雨によるものだ。8月の終わりのある金曜日、ものすごい豪雨+雷鳴で雨漏りの心配よりも家が壊れるんじゃないかという不安を抱えつつもテレビで映画「舞妓Haaaan!!!」をゲラゲラ観ていたら、ポタリポタリと不可思議な音が。天井を見上げるとまぎれもなく雫が垂れていた。いそいで応急処置的にタオルを貼り付け、バケツなどを部屋に持ち込んでおいた。天井全体をくまなくチェック、他に漏れそうなところがないか安全を確認。洋服やベッドの上でなくてよかった…とほっとするがその日の夜は雨漏りで天井が抜ける夢を見たので(なんてストレートな思考回路!)何ヶ月か前に出て行った元同居人の部屋へお引越しすることにした。そして先の週末で完了したんだった。お手伝いしてくれた人、どうもありがとう。この部屋にお世話になるのもあとちょっとではあるけれど。…というよりも、東京で生活するのもあとちょっと、ということなのだ。写真は新しいお部屋(雨漏り心配なし)で調子に乗るエリックさん。ギターの腕前は超一流らしい。前の住人の残していったカーテンはアフリカン・テイストで好みではない。

| | コメント (0)

2008年8月13日 (水)

よくばりホリデイ

出掛けに髪の毛をピンでとめながら「さかいゆうのライブ観てみたいなー」とつぶやいてみる。12時間後、カーラジオから聴こえてきた大橋トリオの曲を聴いて「うひゃー!これ誰だ!すげえいい曲!」とコーフンする。それでその約30分後、さかいゆうと大橋トリオの出演するライブがあることをインターネットを通じて知る。まちがいなく、導かれてるんよね?改めて聴いてみても、さかいゆうの「愛燦燦」カバーは泣いちゃう。

フジロック・アフター。こないだの週末は、神保町へ来年のフジロックに向けて必要なものをチェックしに行った。キャンプ道具もろもろは、もしも地震が起こったときなんかもきっと使えるなと思った。その翌日の朝見た夢は、グリーンステージが大火事になって、マス席で見ていたVIPの方々のなかで(マス席なんて本当はないけど…)眠りこけていた○リス・○プラーさんを「火事ですよ!!」とたたき起こしたら、物凄い形相ですんごい怒られたという内容だった。つまり、毎年の如くなんだけど、ちょっと遅れてやってくるフジロック後遺症に悩まされているということだ。

何々を観たんだぜ!とか、レポート的なものを綴ろうと思ってもなかなか書き出せず、なぜか新しい音楽を受け入れることもできず、大好きなはずで何度も観ているアーティストのライブにも足が動かず、やっとのことで観てみても心が閉じたままだったり。それでもやっぱり来年の夏の苗場のことを考えると、とっても楽しみなわけだ。前夜祭からがっつり月曜日まで、とかじゃなくて、土曜日あたりにさくっと行って猿ヶ京やら湯沢の駅あたりの温泉宿でゆっくりして帰るってのもフジロックの楽しみ方のひとつなんジャマイカと思った。あら、オトナ。ってわけで、気が向いたらちょぼちょぼフジロック'08思い出語りでもしてみようかな?

Turibori

市ヶ谷のつりぼり。何時間でも眺めていられそう。

| | コメント (4)

2008年7月 8日 (火)

星に願いを

Sasanoha

笹に願い事吊るしたのなんて何年ぶりだろう?

今わたしが住んでいるシェアハウスの、初期からのメンバーだったお方の送別会及び新しく入居されるお方の歓迎会があった。元住人やらそのご家族やら友達さんやら恋人さんやら入り乱れて総勢15名の宴。いつもゴキゲンなかわいい赤ちゃん含む。クーラーボックスいっぱいの魚介類からメニューを決めて買い出し(オオゼキはやっぱり安いなー)、あれやこれやと調理。外では夏日で暑い中、炭火で魚介各種をバーベキュー。そしてあっという間にお刺身各種、ちゃんちゃん焼き、なめろう、手巻き寿司、あら煮スープ、サラダ、スイカ、メロン、あんず、チョコレートケーキ、などなどがテーブルに所狭しと並ぶ。圧巻!みんなでワイワイと短冊にお願いごとを書いたり、丑三つ時まであのメンバーでテーブルを囲んでお話していたり。いろんな人がいるから面白いしややこしいし、と改めて感じる夜になった。ハウス存続にかかわる衝撃的な発表もあって、まぁ、なんとはなしに聞いていた話だけれども、さみしい気持ちになったりした。それでもこれは次にすすむきっかけになるかもしれないのだ、と考えてみる。とりあえずアジの処理の仕方となめろうの作り方を教わったので、忘れないうちに練習しておきたい。

退去されるお方はとってもステキな女性で、この出会いに心から感謝したいと思う。先週も午前1時半に奇跡を起こしていただいて、魔女みたいな人だと思った。(良い意味で)今わたしの手のひらにある幸せもこのお方がいたからこそ、ってのも大げさじゃないかもしれない。鎌倉に帰っても、またお会いできるチャンスが存分にありそうだしな。偶然は必然で、必然は運命だ、と、好きなひとからもらった昔のメールにあったけれど、身をもって実感したんだった。ズキュウウン!と。

「星に願いを」って名曲だよなーと思う。
こちらはピノキオ×矢沢Ver.!期せずともして良い(笑)

| | コメント (0)

2008年5月28日 (水)

花咲く朝の通りへと

20080526_2

井の頭通りと中野通りがまじわる大山の交差点が好きだ。いつのまにか整備されていて、車道も歩道も広くなった。ちかくにあるお地蔵さんにはいつもきれいな花がそなえてあって、水もキラキラとあたらしい。昨日の朝見た、大きなバイクをかたわらに停めて手をあわせるおにいさんの姿がなんだかとても印象深い。今年はじめて(だったと思う)のアイスコーヒーを飲みながらバイクの脇を歩き、この夏は袖を通しそびれているあのゆかたを着てどこかへ行きたいなと思ったりした。アイスコーヒーの氷がとける音は夏の音だ。いや、アイスコーヒーじゃなくてもいいはずなんだけど。

リンデロン、ミドリン、クラビット。ぜんぶ目薬のなまえ。ハゲが治って耳も治って次は目かよ!右目の圧倒的な痛みと膿と充血、腫れ。すぐに医者へ行き診断の結果は病名なし。ブドウ膜という目の中身まで細菌が入り込んでいて悪さをしていると。そこの組織は毛細血管がたくさん寄り集まっているところで消化器系の疾患からきてるものもあるとかでチェックシートの項目を入念にチェックしたが、そちらの異常はおそらくなしであろうとのこと。よかった。眼底検査の一環で、点眼の麻酔をしたもののグリースを塗ったガラス板を眼球にはめこんで光を当ててグリグリ四方八方から診ていくという検査がなによりもつらかった。いてえのなんのって。さながらわたしは「A Clockwork Orange」のアレックス。第九がBGMに流れていたとかいなかったとか。診てくれている女医さんはパキパキしていてはっきりとモノを言うタイプのおかただ。お医者って相性があると思うけど、ちょっとこわいなと思いながらもぜんぜんいやな感じはしなかった。なんつーか、びじんだし。これからしばらく、お世話になります。

瞳孔を開く点眼薬を起きている間は3時間ごとにささなきゃならない治療。今朝はまぶしすぎて外をまともに歩けないという事態に。たてものや木の影を見つけてはさっと移動し、なんかわたし、ブラック・サバスみたいだなあと思った。ジョジョばっかり読んでると、脳みそがよりマンガ脳にちかづくぜいウリリィ!

センチメンタルな夏 - 曽我部恵一BAND
ことしのフジロックは鈴木慶一さんといっしょに曽我部さんが!
ランデヴーバンド(なんてロマンチックなバンド名なんだろう)でも
ソカバンでもいいからあの苗場で観てみたい。
さいきん、サニーデイから「キラキラ!」まで縦横無尽に
このおかたの作品ばかりを欲している。欲している!

| | コメント (6)