2008年7月 3日 (木)

あちらに見えるは色とりどりのパレード

Ajisaifake

通勤途中にあるこちらのあじさいさん、
手前のむらさき色のやつはなんとフェイクだった。
近づいてみて見事にドッキリにひっかかる!
仕掛けたひとは、きっとしたり顔なんであろう…。
覚書。あじさい=Hydrangea!

あたまの中、フジロック一色になるであろう7月がやってきた。梅雨があけないと夏の気分も足踏みしてる気分だけど、あっという間にあの山の上にいるような気もする。ことしはフジロックが苗場にうつって10年目、わたしも足を運んで10年目、なんらかの区切りを見据えてのぞむことになるんだろう。アレ、去年もおなじこと言ってた?はじめて行ったフジロックで観たPhishのライブはいままで観たどんなにすばらしいアーティストのどんなにすばらしいステージをも(ってそんなに観てもないけどさ!)はるかに凌駕していた。なんじゃこりゃあ、と感動した。あのときがあったから、いいなあと思う音楽の幅が広がったり、ともだちも増えた。今考えればだけど、わたしの人生がほんの少しだけ豊かになったような、そんなステージだった。イン・フィールド・オブ・ヘブン。

--

梅雨っぽい感じで更新してみた。http://akkie.muxtape.com/

Burt Bacharach - Raindrops Keep Falling On My Head
The Trash Can Sinatras - How Can I Apply?
Belle & Sebastian - Funny Little Frog
Yo La Tengo - Season Of The Shark
Little Tempo Meets Eddi Reader, Linton Kwesi Johnson - Beautiful Rain Featuring Eddi Reader
Teenage Fanclub - The Sun Shines From You
キセル - 雨音
Jellyfish - Watchin' The Rain
SAKEROCK - 洗濯機
SKETCH SHOW - Do You Want To Marry Me
Joni Mitchell - Blue
Todd Rundgren - A Dream Goes On Forever

バート・バカラックの「雨に濡れても」、It won't be long 'till happiness steps up to greet me という歌詞がとても好きなのである。これっくらいの大きな気持ちをいつもアタマに置いておきたいのである。How Can Apply?のステレオで右左右左とひびいてくるギターの音にはいつだってドキドキする。曽我部さんデザインのいつぞやのトラキャンTシャツを買いそびれたのは不覚すぎてまだまだ根は深い!ベルセバのカエルの歌はアルバム「The Life Pursuit」から。あのアルバム全体、なんとなく雨上がりって感じがする。Another Sunny DayとかFor The Price Of A Cup Of Tea とか、晴れた外で聴きたくもある曲たち。去年のフジロック、雨が降りそうで降らなかった夜のことを思い出してヨラテンゴ。6月はサメがよく沖に出てくると聞いたけど本当かな?フジといえば、今年のリトルテンポがとても楽しみ。スティールパンの音は夏の雨を想像させる。先日グラスゴーに住む友達から写真つきのメール。「ティーンエイジ3日3晩ライブにいってきた。3日目はシングルB面しかやらないナイトだった。」…うらやましいぜ!のメールをありがとう。暗い気持ちのところにこんなドアノック。まさにサンシャインフロムユーだよ。くるり岸田繁氏プロデュースのキセル「雨音」。歌詞、なに言ってるかよくわからん(笑)これライブで聴いたことないなあ。ホフディランもオマージュ、いや、ユウヒーズだったかな?大好きジェリーフィッシュ、雨のうた。わたしの男声美声好きはもしかしたらロジャマニがルーツだったりするのかな?雨が降るとシェアメイトたちの洗濯物がいっせいに居間に干される。洗濯機がぐるぐるまわるのを見ながら、だれかがお湯を沸かしているのを気にかけていたり、カップをテーブルに置く音が聴こえてきたり、そんな雨の休日があって、そのときにサケロックのこの曲がなんだかよく合うなーと思った。築40年の古民家に。ちょっとだけクレイジーな住人ばかりのこの家に。6月といえば、ジューンブライド。スケッチショウのこの曲は聴いているとなんだか泣けてくる。映画「セシルの歓び」の挿入歌で、高橋さんが中学のときに観ていつかカバーしたいと思っていたらしい。ライブ映像もあった。雨は「青」いイメージ。晴れた空のそれではなく、暗く重い雲から滴れる雨粒は、黒に近く、深い「青」。内省、それはいつか晴れていくはず。で、最近毎日聴かないと気がすまないトッドラングレンのこの曲。ヌジャベスのコンピにも入ってたなんてついさっき知ったよ。でもなんだか納得。キラキラした音が天気雨みたいな空を連想させる。大好きな曲だ。

| | コメント (4)

2008年4月21日 (月)

headphone music

ヒマにかまけて流行のmuxtape、作ってみた。

http://akkie.muxtape.com/

Curly Giraffe - Water On
Field Music - Kingston
Peter Bjorn & John - Let's Call It Off
R.E.M. - Tighten Up (demo)
Broken Social Scene - 7/4 (Shoreline)
The Radio Dept. - Always A Releaf
Slowdive - Alison
The Benevento/Russo Duo - Sunny's Song [New Mix]
Britta Phillips - I Am A Child
The Sea And Cake - Middlenight
Longview - Further
Takagi Masakatsu - Bloomy Girls [Live]

随時更新予定。人のやつをランダムにうろうろするのもとても楽しい。春になると聴きたくなる曲をセレクト。実際よく聴いていたなあ。

Curly Giraffe - My Dear Friend
巻き毛のキリンことカーリー・ジラフさんが好きだ大好きだ。
このやさしさと風通しはなんですかね?
5/3のコレ、行きまっせ。

| | コメント (2)

2007年6月29日 (金)

Friday, I'm in love

フジロックまで、一ヶ月を切った。
来月の今頃は何に、誰に、はしゃいでいる頃だろうか?
つらつら色んなところを覗いていると、もう駐車券届いただとかあるけれど
我が家にはまだだ。ドキドキしながら郵便ポストを覗く日々。
今年こそは「場内1」をフロントガラスに大きく掲げてみたいものだ。
The Good,The Bad And The Queenってどっかのフェスで
来日するかなーと思ってたけど来ないのだすね。残念ー
7/27にモスクワでライブをするらしいので、そのまま新潟へ来たらいいのに。

キモチが荒れているときは、部屋も荒れる。
昨晩、パセリに水をあげたら土がもそもそ動き、よく見ると
小ぶりながらもエージェントGのお出ましだった。今年初対面。
そんな彼のお出ましに意気消沈し部屋の片付けもでーきーずー。
何度もお見かけしたことはあるはずなのに、
毎度このフレッシュな精神的打撃はなんなんだろう?
そういえば前にかわいこさんが「心が荒れてるとかばんの中も荒れるよ」
と言っていたのを思い出す。例に漏れず、かばんの中身もめちゃくちゃだ。
レシートって使わないのになぜかもらっちゃうんだよねえ。(ビンボリくん)

要らないものと要るものを単純に見極められるように、
この週末でいくらかリセットできたらいいな。


本日は金曜日なり。街に出るなり。


ようつべ巡りはキリがないっつの。

| | コメント (4)

2007年5月18日 (金)

傍観 あるいは ゆるやかな絶望

お元気ですか / いかがお過ごしでしょうか? /
こっちはさして問題もなく / みんな元気でやってマウス /
暑いと言えば暑いのか / さむいと言えばさむいような /
一言じゃとても言えないけれど / とても快適なんだよ /
すんだ空気青い空 / 山の瀬に沈む夕焼けなどは /
うっかりすると涙を流す程 / 本当に素晴らしいんだよ /
木々からこぼれる光はまぶしく / ぼくはその影だけを追ってる /
気がつくともう夜になってる / そんな事もしょっちゅう /
毎日みんなで口にするのは / 「あぁ あいつも来てればなぁ」
って 本当にぼくも同感だよ / それだけが残念でしょうがないよ

そうそうおもしろい事があったんだよ / 確か2、3日前の事
ちかくにきれいな小川があって / みんなでそこへ遊びに行って
子供見たくキャッキャッ言ってたら

川って海につながってんでしょ・・・
よーし たしかめに行くぞーっ

行ったんだ ほんと確かめに / そんで3時間くらい歩いた時に

川のはじまりって・・・
イエーッ 気になる知りてーっ

来た道をくるり 逆にもどり / また3時間ほどたったころに

ねー なんかお腹すかない?
ペッコペコーッ 何か食べたいーっ

あっさり 帰って たらふく食って / 川の事はすっかり忘れて /
そんなんで一日終わっちゃうんだよ / そっちじゃ 考えられないでしょ /
やっぱり みんなで口にするのは / 「あぁ あいつも来てればなぁ」 /
って 本当にぼくも同感だよ / それだけが残念でしょうがないよ /
ここにいればすべてうまく行くとか / そんなふうに すら思えてくるのさ /
普段くらしてると見逃しそうな / 事も色々わかるようになった /
はっぱの色 それらの形 / ひとつひとつに表情があり /
ボンヤリながめているだけでも / 笑いがこみあげてくるよ /

地平線の意味 / ありとあらゆる単位 /
空気の密度 / 火そのもの / しあわせの構造 / 音
うわの空 / 石のドラマ / 正気の沙汰 / 記憶のかなた /
諸悪の根源 / 点と線 / 原点 / じゃんけん / 人間 /
それら全てがついさっき繋がった / ぼくはすべてを把握した
ここにこなけりゃぼくは一生 / わからずじまいで過ごしていたよ
あんがい桃源郷なんてのは / ここのことかなってちょっと思った

君もはやく来たらと思う / それだけ書いて 筆を置く

                「彼方からの手紙」スチャダラパー

**

この曲を聴いて、なんだかなぜか怖くなってしまった!
そういう気持ちは以前にもあったような気がする。
こわくなっちゃったのはなんでなのだろうかと、再考。
胸の辺りがざーわざーわする。

これ、なつかしいわわわー。

| | コメント (2)

2007年4月25日 (水)

スペインの宇宙食

200704252342000

そんなこんなで、我が家に白ねこさまがやってきた。
かわいくってちょっと部屋から出られません。

いまさっき、タキザー氏から届いたバッドニュース。
今夜のライブをもって、DCPRGは解散だってさ。
今夜のライブをもって。
今夜の…。

追記。
この官能っぷり。いいよねえ。うん、すごく。

| | コメント (4)

2007年3月22日 (木)

内ポケットにいつもトランジスタラジオ

Wilco 

Wilcoの新譜がステキに違いないと確信。5/15リリース。
「what light」という曲を聴くだけでも、もうねコレ。漲る。
オフィシャルページ上で全曲の先行試聴会が
あったそうなのだけどまんまと聞き逃してもうた。

パットさんとジョンさんのオータム・ディフェンス
新しいアルバムが出るとのことで、浮かれる。
またやさしいーのお願いします。4/18。

奈良美智さんのドキュメンタリー映画の予告編が
なーんか掻きたてられる感じだったよなーいつ観に行こうかなー
と思いながらパタパタ急ぎ足で、
ふいに流れてくるイースタンユースを聴きつつの出勤。
コーヒーを淹れてチョコレートをパクついて
いつもちっちゃくシンクロしてるあのお方の日記
を覗いてみたら(仕事しろよ、おで!)
またちっちゃくシンクロしてた。導かれましただ。
さっそく観てこなきゃだ。

| | コメント (2)

2007年2月17日 (土)

月夜に猫は森へ行く

新宿でもつ鍋。T氏と会う。
さっぱりしていてンマイかった。ちゃんぽんも残らず頂く。
男子は彼女がいないとなかなか美味しいモノを
食べに出かける機会がないと言っていた。
女子は彼氏がいないとなかなかラーメンや焼き肉を
食べに行く機会が少なくなると思う。
ココに食べたいときに呼び出す胃袋同盟を結成。
本格的にドラムをはじめたよとか、今度は京都の宿坊を
泊まり歩くんだよだとか、楽しいハナシをウンウンと聞く。
イイナ。わたしも春にふらりと京都行きたいナ。

帰りにタワレコに寄っていろいろ試聴する。
あなたコレきっとスキ違いないねとオススメされた
BLUE KING BROWNってオーストレイリアンバンドが
ちょっとカッコよかった!

夏フェス向けじゃない?

帰りの電車の中で、すごく面白い顔のイヌ柄タトゥーを手の甲に入れた
外国人さんがいてうつむいて笑いをこらえきれないまま明大前でサイナラ。

電車を降りたら雨が上がっていて、
あーやっぱりわたしたちはどっちかが雨男雨女なんだなあと。
二人揃うと雨が降るってパターンも考えられますわね。
山中湖から怪しいとは思っていましたがね!

| | コメント (0)

Tired Hippo

もうすぐヨラテンゴに会える。
すごくウキウキしちゃうんですけど。


フジロックでのライブ映像。
どっちもコーフンの渦の中で見ていて、とくに2000年の
レッドマーキーでのヨラダンスは衝撃的だったのをおぼえてる。
トイレに行きたかったくせにガマンしてちびりそうになったから。
たしか雨もすごく降っていた気がする。

2003年、晴れたホワイトステージでの「Tom Courtenay」は
後ろの方で見ていたのだけど、通り過ぎようとする人の波が
どんどん足を止めて、なにこのバンド!って言ってるのが印象的だった。
で、たぶん今年のフジロックにも彼らは出演するんじゃないか
と思うのですよ。パッパッパッパッパーパーラー

こんなスクール・オブ・ロックがあったら即入学!

アハハ。ビートルズ?ヨ「ロ」テンゴ?

今日は久しぶりに会うアフロなあの子と、
もつ鍋を食べにゆきます。雨、上がらないかなあ?

| | コメント (2)

2007年2月16日 (金)

Young Folks

口笛の練習をしました。

| | コメント (0)

2007年2月14日 (水)

Little Miss Sunshine

301352096_253_1

映画「リトル・ミス・サンシャイン」やっと観てきたです。
コレやばい。おで、ちょ、も、もっかい観てくる!
友達知り合い家族ぜんいん誘ってまた観に行きたい。
つまんなかったらわたしがお代全部出すので。まーじで。

笑い泣きかと思ったら泣き笑い…。
たまらない感情が足元からこみあげてきて
頭ん中でどうしたらいいか処理に困った挙げ句、
思わず笑顔と涙で出てきちゃうかんじです。
いい映画に出会って、すてきな気分のバレンタインデーです。

おっかさん役が「アバウト・ア・ボーイ」のヒッピーママ役の
トニ・コレットさんで、気付いた時にそこんとこもぐっときました。
なによりもそれよりも、子役の女の子のまるいメガネと
まるいかおとまるい笑顔とあのすばらしすぎるダンスは必見だ。
遣唐使です!」でお馴染み、MCハマーの…じゃなくてアレの元ネタ、
Super Freak」にあわせてあんなことやこんなことー!

監督のJonathan DaytonさんとValerie Farisさん夫妻は
スマパンのド名曲「Tonight,Tonight」や「1979」の監督さんです。
食べ物で遊んじゃいけません!のTravis「Sing」もそうなんだな。
ホッチリのどあほうな「Californication」もそうだ。
さすが、すんばらしい音楽にも精通してらっしゃる監督さん
とだけあって、サウンドトラックもハンパじゃなくよかったです。

かえりにフラフラとHMV渋谷店に寄ったら、
6Fが青山ブックセンターになっていておどろいた。
しゃれおつでびっくりしたー。

Moe 黄色いバスに乗って旅するロードムービーを観てきた帰りに
偶然にも、YELLOW BUS RECORDSから出てるmoe.の新しい
アルバム「THE CONCH」を購入。
試聴したらンもう、輸入盤まで待てなかったよ。
スバラシ。来日ライブ、いきたいなあ。

| | コメント (4)