2007年9月 1日 (土)

My Friend Dario

200708312144000

はなきん。
桂文珍よろしくはなきんデータランドの日。

一週間のうちでいちばんほっとする夜かもしれない。
ひょんなところから仲良くなった今の仕事の営業部の方々らと
一ヶ月も前からモツ鍋を食べにいこうぜという計画があったのだけれど
メンバー5名のうち2名が夏風邪でダウン気味。結果、延伸になった。
急に涼しくなったので体調を崩す輩が続出。お大事にな。
ちょっとふてくされた気分でいるとまもなくフードファイターの
KPBRさんから今夜モツ鍋を食べにいきましょうとのお誘いが……!
ということで、中目黒の鳥小屋さんにて念願のぞうもつパーティー。
最後のちゃんぽんに至るまでぬかりなくおいしかった。
主にジョジョと触媒の実験について語り合う。
二酸化マンガンとオキシドールで酸素、塩酸と石灰石で二酸化炭素だ。
テレフォンで弟と従兄弟に参加してもらうも一千万は取得できず。
ただの酔っぱらい電話なのに、あちら側も酔っぱらっているおかげで
うっとうしがられずに済んだ…と思いたい。
月イチのワイワイぞうもつパーティー、推進してゆく。メン募。

帰りにナチュラルローソンで、うみのしおアイスもなかを購入。
カフェオレともなかを両手に持って歩きながら、秋の風をかんじた。

モツ鍋の予約の時間まで漫喫でヒマをつぶしていた。
漫☆画太郎先生の新作と働きマンの新刊を読む。
鈴木先生を2巻の途中まで。どれもおもしろかったー。
わたしの下ネタ好きは画太郎先生由来かも。

週刊少年「」ってたまらない番組だったよなあ。
荒木先生へ100の質問。司会の船越さんもすばらしい進行!

手塚先生と荒木先生。日本の歴史に残る名場面。
齢とってない気がするんだけど…。

| | コメント (2)

2007年8月25日 (土)

Farewell My Summer Love

200708251055000

今週末はメタモルフォーゼでも高円寺阿波踊りでも
浅草サンバカーニバルでもなく、ジョジョ読みで決まりっ!
1部2部のボックスセット(ポストカード付)を購入してしまった。
引っ越しまでモノは増やさまいと思っていたのに。
それに、無駄遣いはしまいと思っていたのに。
でも一生モノだからまぁいっか…。

そういえば、もう夏が終わっちゃうんだな。
海にも行けなかったし花火もしなくて夏らしいレジャーは
フジロックくらいだったけど不思議と満喫した気分だ。

でも浴衣に袖を通せなかったのは悔やまれるところだ。
浴衣着てジョジョ読むのもオツかな?
傍らにはお盆の上に冷えたビールと塩の少し効いたえだまめ。
風鈴がチリンなんて鳴ったのなら、残暑を愛おしもう。

**

サマージャム'95 / スチャダラパー
海かー山かープールかー いや、まずは本屋?

 

| | コメント (0)

2007年8月23日 (木)

Stardust Crusaders

今さらながら、
そしてにわかファンであることは自覚しながら、
ジョジョの奇妙な冒険に夢中になっている……ッ!
Holy Shit!こんなに面白いだなんて、絵が苦手だなんて
言っていたわたしがマヌケに見えるぜ。あんなにカッコイイのにな!

第三部から読むのもオツかもねーというお導きのもとで
毎日近所の本屋に通い一冊ずつ買いつづけ、
とうとう第三部の最終巻までたどりついてしまったのは昨日のこと。
今朝のわたしはなぜだかまぶたが赤く腫れている。

十年後には、にわかファンではなくなっているだろう。
とりあえず今後は街でボストンテリアを見かけたのなら、
「イギー」と呼んでしまうことはまちがいないのだ。

昨日は久しぶりに渋谷でサヤちゃんと会う。
髪の毛がショートボブになっていて、すごく似合ってた!
かわいいコはなにをやってもかわいいんだなあ
ザリガニカフェでいろいろなおしゃべりをして
ストーンと肩の荷が軽くなった心地だよ。テイクイットイージー。

関係ないけど、「今日の料理」の後藤アナに胸キュン。
南京玉簾の研究と実践が趣味なんだそうな。ステキすぎる!

200708221950000
デハラノリユキ「夏・めんたいこ・サトシ」展にて。
がおーー 食べ(られ)ちゃうぞー

| | コメント (4)

2007年6月30日 (土)

neco.

Mako

「まこという名の不思議顔の猫」無事ゲット。
ぷりケツ先生、どうもありがとうーー

期待どおりのすばらしい本!
ほんわかやさしい気持ちになれます。
あんな生物がもしも自分の部屋にいたのなら…
想像だけでなく、夢にまで出て来ちゃったじゃないか!

| | コメント (0)

2007年5月 2日 (水)

booklog

Img15b

ずっとやってみたいと思っていたブクログ作成。
http://booklog.jp/users/thejetsons

連休の谷間、仕事に出てきても
こういうことばっかりやっています。

4月以降に読んだ本を
ぽこぽこ収納してゆこうと思う。(ほぼマンガなのだけど!)
山田芳裕作品と百鬼夜行抄に夢中になった月だった。

| | コメント (2)

2007年1月31日 (水)

夜がお化粧して外で待ってるから

200701302324000

今朝空っぽだったかばんの中身は、夜にはずっしりと楽しいものが
詰まっていて帰りの電車の中で何度も中を覗いてはニヤニヤ
おともだちとの逢い引きをドタキャンされてふてくされたまま
本やさんに入ったら読みたいものがたくさんあって
それでもうキゲンはV字回復。おなかが空く。
「犬を飼う」(谷口ジロー)「芸能グルメストーカー」(泉昌之)
「のんのんばあとオレ」(水木しげる)の3冊を購入した。
のんのんばあは、漫画版は未読だったのでうれしい

博士の異常な健康」(水道橋博士)は、昨日行われた
東京サブカルサミット2007にてサイン本を購入したものだ
玉ちゃんの「男子のための人生のルール」も一緒に購入
こちらはサインと手ぬぐい付きでお得だった。読むの楽しみ。
100%ORANGEデザインの装丁がすごくカワイイので
これだったらカバーなしで外で読めるかも…玉袋筋太郎って書いてあるけど。

そしてそしてカバーなしで堂々と読むのはちょっとだけ
恥ずかしかった博士のこの本、じつに興味深いものでした。
下北沢にてオムライスを食べつつ読了
かゆいところまで手が届く、非常に真面目なルポタージュ本で
語り口がさっぱりすっきりしていて気持ちがよい
健康本だとかビジネス書、実録本なんかにあんまり縁のない
わたしが読んでいて疲れないのがびっくりだ!
マンガ以外で読むものといったら小説かエッセイばかりなので
これきっかけにちょっと色々読んでみたい次第です
10年間1日も休まずにやってきたという博士の日記(しょこたんぶろぐの
半日のアクセス数より累計アクセス数が少ないらしい…)
も併せて読むとまた2度ンマーイです。

| | コメント (0)

2006年12月20日 (水)

BEATITUDE

Humsalada01Humsalada02

ヤッター!ウレチー!
復刊を願い続けていた「藤子不二雄物語 ハムサラダくん」が復刊決定!

藤子プロの一番最初のアシスタントだった吉田忠さんが描く
もうひとつの「まんが道」。わたしは中野のまんだらけで、
アホみたいな高値のついた現物しか(しかもガラスケースごし)
見たことがなかった。手が届かないシロモノだった。
復刊コムはすごいなあ。思えば、安孫子先生作品のランド全巻復刊も
すばらしい偉業だと思う。この調子で藤子・F・不二雄ランドも…!

そうそう、富山の高岡市がコロッケによるまちおこしを進めているらしい。
イメージキャラクターはもちろんコロ助…。ドラえもんの像みたいに、
街にコロ助の像とか建てちゃったりするのかなあ。
「コロ助と行こう!コロッケスタンプラリー」、う、羨ましい…。

こないだ(ボロボロに読み干された)モーニングの
増刊号「モーニング2」の創刊号をお借りした。
「これはアッキさんたまらんと思うよー」とその中にある、
やまだないとの「BEATITUDE」という作品をオススメされた。
何のことかいな?と思いながらページを開いた瞬間、コーヒー吹いた。
これはンもう、まんが道ファン必見。たまらん!
石森センセと赤塚センセをモデルにした、ちょっぴりホモっ気のある
めちゃくちゃキュートなお話。小ネタ満載でうれしくなっちった。

Showletter
ちなみにこのダンディーがテラさん。笑

| | コメント (0)

2006年11月 3日 (金)

バカは死んでもバカなのだ

462031533809_ss500_sclzzzzzzz_v105661239

今日一日のわたしは文化の日らしく…寝ていた。
久しぶりになんの予定もない一日。
ひとり、昼間からキムチ鍋をこしらえてハフハフとしたり。
なんとなく部屋でひとりじゃいたくないな、とこの夏からずっと
思っていて、お休みの日はいつも誰かのそばにいさせてもらったり、
やらなきゃいけないことをつくったり、そうやって振り切って来た。
でもそろそろちゃんと、向き合えるようになってきたのではないか?
と、うすうす思っている。そして、試している。
すらすらとうまくいく場合が多いのだけれども、
今日は昼寝のときにつらすぎる夢を見てしまった…。
起きたときに、ああ、夢でよかった、と思ったのと同時に
やっぱりまだまだダメだよなあと思い知って頭をかいた。ウヘヘ。

読みたかった本を今日こそはと思い、ベッドサイドに積み上げて
まずは最近お気に入りの代田橋にあるへんな古本屋で購入した
「バカは死んでもバカなのだ」という赤塚不二夫対談集を読んだ。
早起きしたら、去年から考えていた「東京・トキワ荘を巡る旅」を
この連休中に実行しようと思っていたのだが、
焼き芋やたいやきやラーメンのおいしい冬近くになってからにしようかと。
それと、分かち合える同伴者を探そうかと…。会社からの帰り道に、
そんなことを考えていて寄った古本屋で出会ってしまったこのナイスタイミング。

ページを開くと「不肖 赤塚不二夫、このたび死にました」なんていう
不謹慎極まりない文章が扉としてむかえてくれる。
弔問対談、という名目で赤塚先生の幽霊とお酒を飲みながら。笑
対談相手は野坂昭如にはじまり東海林さだお、坂田明、手塚眞、
藤子不二雄(A)先生などなど、(おなじみで?)豪華すぎるメンバー。
1995年の「バカボン線友録」と一緒に読むとまた格別。
どのページもなんだかやぶれかぶれな感じででスカッとするなあ。
しかし表紙の赤塚先生のお尻が……。

現在、赤塚先生はずっと寝たきりで意識があるのかないのか
分からない状態で何年もいる。笑ったり悲しそうな顔をしたりするんだそう。
だから、意識はあるのかもしれないのだと。伝える手段がないのだと。
ショックだったのは、後妻であったマチ子さんが先に亡くなってしまったこと。
今年の春くらいからのマチ子さんブログはとても面白くて
かわいらしくて、愛情に溢れていて、それはそれはステキだったのだ。
でも、今は涙なしでは読めない。
こんなふうに生きることができたら、一生に後悔はないのかもなと思う。
たまに見る写真のマチ子さんの瞳は、愛おしく赤塚先生を見ている。

明日はルソー展に行って、「もみじ市」に行きたいなあ
と思っている。晴れるといいな!

ぼやき。
マイスペースの日本語Ver.がはじまって編集ページが繋がりにくいよ!

| | コメント (4)

2006年10月23日 (月)

マンガの世界にいってみたいな

200610221924000_1

おいしくて、うれしくて、たのしい、夜だった。
会いたいなあと思っていた久しぶりのひとたちに会えた。
ずっと喋っていて面白かった。
あいもかわらずしゃんとしてて、かわいかった。

バカとゴッホ 加藤伸吉
やっちまったよ 一戸建て!! 伊藤理沙
Blue Moon 森脇真未味
Love & Catastrophes 語シスコ
カリフォルニア物語 吉田秋生(フラワーコミックス版!)
少年マーケッター五郎 しりあがり寿
ハッピーエンド ジョージ朝倉

この秋の夜長のお共。
読みたかったもの、読み返したかったもの、
それと、読んだことのないもの。すごいすごい!
明日は、いただいたりんごのカレールーを使ってカレー。
それで、お茶を飲んで、(マンガの)読書に没頭するのです。
帰り道、かばんはとても重かったけれど、
口をムズムズさせながらニヤけちゃったよ。ありがとう。

| | コメント (0)

2006年9月28日 (木)

読書の秋

188318

土田世紀の「夜回り先生」(原作:水谷修)の3巻を
やっと読むことができた。涙で前が見えないよ。ううぅ。
ちょっと立ち読みができます。→

これ買うのにたまたま入った下北沢にある本屋さん、
山田芳裕と土田世紀をイジョーに推してるなんて
信用しなくてどーするってかんじで!
へうげもの」も、めっちゃくちゃ面白いよ。ワビサビワビサビ。

| | コメント (0)